ニキビは潰して治せる? | 大人ニキビはクリンダマイシンで綺麗に治療を
「大人ニキビはクリンダマイシンで綺麗に治療を」のイメージ画像
形の違う薬

ニキビは潰して治せる?

多くの人が顔にニキビができているのを見つけると、潰したい……という気持ちになります。
しかし、潰してしまうと跡が残ってしまう、色素沈着を起こしてしまう……という風に思ってしまい、潰すのを辞めてしまうのですが、実はニキビを潰した際に跡になるかどうか、というのはニキビの進行度合いによって決まり、軽度のニキビであれば潰したほうが早く治る、というのを知っていますか?

ニキビには様々な種類のものが存在しており、軽度なものから順に白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ……と言われています。
この内、白ニキビと黒ニキビというのは毛穴の内部に皮脂汚れなどが詰まることによって発症するニキビで、このニキビというのは潰してしまって中に詰まっている皮脂汚れや膿などを綺麗に絞り出し、消毒をきちんと行うことによって非常に短期間で跡を残さずに治療することが出来るのです。
しかし、赤ニキビや黄ニキビと呼ばれるニキビというのは、毛穴の内部でアクネ菌と呼ばれる菌が増殖し、内部には多量の膿がたまっていう状態になっているので、潰してしまうと跡が残ってしまう可能性があるのです。
そのため、このようなニキビが出来てしまった時には、下手に潰すのではなくクリンダマイシンのような医薬品を使用した治療を行う必要があるのです。

しかし、ニキビの種類によっては潰したほうが早く治療することが出来るようなものも存在しているので、もし顔にニキビが出来てしまった……という時は、そのニキビが一体どのような種類のものなのかを見て、その上で潰したほうが早く治るかもしれないと思ったら、一度潰して治療してみると良いかもしれません。
ですが、その際には徹底的なつまりや汚れの除去、そして患部の消毒を忘れずに行うようにしましょう。